· 

メニエール病と鍼灸治療

メニエール病と鍼灸治療

メニエール病(メニエル病)とは

メニエル病とは、「めまい」と「吐き気」の発作が繰り返し起こる病気です。一般的には「耳鳴り」や「難聴」をともないます。
発作は数分で治まることもあれば、数時間続くこともあります。また、長期間にわたって何度も発作を繰り返す人もいれば、一回かぎりの人もいます。30~50歳代に多く、高齢者にあまりみられないのも特徴です。
発作を繰り返すと、耳鳴りが残ったり、難聴が進んだりすることもありますが、症状には個人差があります。


  耳鳴り
めまいの発作が起こる前にひどくなるようです。発作を繰り返すうちに、慢性的な耳鳴りになっていきます。
難聴
発作とともに難聴になる場合と、発作を繰り返すうちに聴力が落ちてくる場合があります。一般的には低音が聞きとりにくくなるようです。
 
  ふわふわ感
身体が傾く感じになって、実際によろけてしまったり、静止している物が動いているように見えたりします。
その他
発作の時には自律神経の働きがおかしくなり、吐き気や顔面蒼白、冷や汗、頭が重いなどの症状が現れることがあります。
 
ミナギル治療院では、メニエール病に対して鍼灸治療を行っております。

投薬治療など期待する効果が得られない方など治療に訪れます。

症状は上記した症状が主になりますが症状の強さなどは人それぞれです。

来院頂いたので時の状態や来院されるまでの状態をお聞きして治療しています。

メニエール病の鍼灸治療の方法

メニエール病はストレスや疲労が起因によるものと考えられています。

ストレスは受ける人によって強さが異なると考えています。

ある人にはそれ程気にならないストレスでも違う人には大きなストレスに感じることがあります。

また疲労は睡眠など生活習慣や蒸気のストレスの感じ方によっても蓄積は差があります。

鍼灸治療では、人それぞれに合わせた経穴(ツボ)を組み合わせて最も回復する経穴の組み合わせで治療します。

耳鳴りやめまいなどでは、耳の周辺にある経穴を治療します。

特に特徴的な所見としては、頭のむくみ感がある場合があり、鍼灸治療にて頭のむくみをとっていきます。

通院の頻度

メニエル病の通院は、症状がひどい時は週に1階から2回症状が落ち着いてきたら、2週間または3週間に1度のペースで通院していただいています。

先ほども述べたように、メニエル病の原因として考えられるストレスや疲労の度合いによって鍼灸治療も内容を変えていきます。

メニエル病の症状に対してする治療とストレスや疲労の回復に努める治療を組み合わせて治療していきます。


ご予約の案内

ご予約はホームページまたはLINE公式からお申し込みください。

症状の相談なども受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。